忍者ブログ

うつ病改善方法

Dummy

   
カテゴリー「うつ病」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

よく知らない「つらい症状とサイン」

うつ病とは

  1. ゆううつな気分
  2. 何も楽しめない
  3. 自分を責める
  4. 眠れない
  5. 食欲がない
​以上のような症状が現われてきます。
「頭が痛い」「肩が痛い」などの体の不調から始まることもあります。

さらに、「死んでしまいたいと思う」ことも少なくありません。

うつ病のつらさは本人でないとなかなかわからず、
周囲の人が気づかないこともあります。
早期発見と治療のためには、症状やサインについて知っておくことが大切です。

そのためにには

発症のきっかけ
最も多いのは「人間関係」や「仕事のトラブル」です。

ほかにも「家族との死別」「引っ越しや転職」「体の病気」などもきっかけになります。

これらの状況は、それまで慣れ親しんできたものを失う

うつ病のサイン
「仕事でミスが増える」「飲酒量が増える」「外見や服装を気にしなくなる」などがあげられます。

周囲の人はこのようなサインを見逃さないようにしてください。

上記の様なサインが認められたら

専門医(心療内科等)の診察を受けてうつ病で

あることを診断してもらいそこから対処療法をする必要があります。

その治療方法が
・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!下園壮太先生のプチ認知療法
 

PR

うつ病克服法薬を飲まずに治す精神科医の講座

『うつ』が改善しない場合
全額返金保証
万が一、本教材に効果を実感していただけない場合、購入代金を全額返金させていただきます。
「『うつ』を改善したい」というあなたの気持ちに、
宮島賢也先生が責任を持ってお応えします。
その証として、返金保証制度を!

宮島賢也さんも7年間うつ病患者でした。


7年間「うつ」で苦しみ、自ら抗うつ薬などを処方されていたうつ病患者でした。
抗うつ剤の効果はうつ病の進行を抑えることは出来ますが根本的改善は出来ないのが現実です。
あるきっかけにより「うつ」に対する考え方を変えたところ、
わずか3~4ヶ月で、それまで毎日飲み続けていた精神科の薬を手放すことができるようになり、
苦しみ続けてきた「うつ」の悩みから解放されたのです。
その後、私自身が「うつ」を克服した経験に基づいて研究を重ね、

「自己メンタルセラピー講座」は

“薬を使わない精神科医”宮島賢也が構築した
まったく新しい「うつ」克服法。

薬を使わないので身体の負担もなく、
「うつ」の原因を根本から改善できます。

現役医師による自宅でできる療法ですので、
誰にも知られることなく安全に、安心して

「うつ」を改善していくことができます。
このプログラムを手にすることによって
「うつ」改善への実感を!

  1. 薬を使わずに「うつ」を克服できる。

  2. 従来の治療法と違う、薬を使わない現役精神科医の治療法がわかる。

  3. 「うつ」経験者の指導なので、無理なく取り組める。

  4. できなくても自信を失うことがない。

  5. 「うつ」に関する考え方や感じ方が自然と変わっていく。

  6. 誰でも出来る方法なので気軽にいつでもできる。

  7. ストレスを明確化し、無駄に悩む必要がなくなる。

  8. 「うつ」を治す食事療法がわかる。

  9. 「うつ」になる明確な原因が分かる。

  10. 人間関係を改善する方法が分かる。

  11. 休養と睡眠の最適な取り方が分かる。

  12. 自己治癒力により「うつ」を自分で治すことができる。

  13. 薬を飲み続ける必要がなくなる。

  14. うつ病が治る人と治らない人の違いを知ることができる。

  15. 「うつ」になるような考え方をしなくなり、前向きな考え方を持てる。

  16. 解決できない不安にとらわれず、今を楽しめるようになる。

  17. メールセラピーの特典があるので、

  18. 「うつ」にひとりで立ち向かう不安がなくなる。

  19. その他7つの特典 により、安心して取り組むことが出来る。

  20. 自分を肯定できるようになる。

  21. 仕事へのやりがいや、プライベートや趣味に生きがいを見つけ、

  22. 人生を楽しめるようになる。

  23. 就寝中に目が覚めることがなくなり、

  24. 朝すっきり目覚めて起きられるようになる。

  25. 自分で自分を愛せるようになる。

薬を使わないうつ改善法

その結果、今では「薬を使わない精神科医」として「うつ」の患者さんを治療できるようになりました。




 

うつ病から最短で改善解放 究極のプログラム

現代の心の病 なぜうつ病になるのでしょう?


ストレスのない人はいない


現代人が悩まされるストレス。職場・学校生活の中で「時間に追われ」「上司、同僚との間関係」「技術や情報の高度化についていけない」など、ストレスを感じる現在のあらゆる環境にあります。
又東北大震災による生活・仕事・家族別離などが重なって、
ストレスが溜まってしまう仕組みや、効果的なストレス発散法はもちろん、ストレスについての正しい知識を持っている人は、少ないようです。

ストレスが溜まる意味・仕組み


ストレスとは、外部から刺激を受けて体に起こる反応と、その原因となる刺激のことです。たとえば、ボールを指で押すと、へこみますよね。へこみを起こす力がストレスなのです。
圧迫が強すぎたり長すぎたりすると、ボールは元に戻らなくなってしまいます。ストレスの影響が強くならないようにコントロールする必要があるのです。

こんなことに気づいたらストレスは危険信号


ストレス状態は、自分では意外に気付きにくいもの。以下の項目は、ストレスがたまっているときによく見られる生活・思考のパターンです。ときどきチェックし、自分の心の状態を把握しましょう。

  1. 忙しい日々が続いている

  2. 睡眠に満足感が得られない

  3. 食欲が変化した

  4. 1日中憂鬱になることがある

  5. 外出が億劫になった

  6. 以前のように趣味を楽しめない

  7. 常にだるさや肩こりを感じる

  8. 緊張を強いられる出来事が多い

  9. 最近、大きなライフイベントがあった

  10. 胸の内をざっくばらんに話す機会がない

  11. 物事にこだわりやすくなっている

  12. 周囲に気を使い、評価が気になりすぎる

  13. どちらかというとマイナスに考えやすい

  14. 自分自身への不満が強い 他人や物事に苛立つことが多い

  15. やたらに焦ってしまい、落ち着けない

多くにチェックが入った人は、かなりストレスがたまっている可能性があります。そのまま蓄積されると、

心の病気(うつ病)・体の病気を招く可能性があります。
うつ病最短で改善へ

ストレスによって起こる心の病気
うつ病最短で改善へ

うつ病 発症!!



脳内の神経伝達物質である「セロトニン」が不足し、憂うつ、不眠、倦怠感、食欲不振、焦燥感、意欲の低下、自殺企図などの症状が現れます。

物事の捉え方を考えなおす「認知療法」による心理療法が有効!

 
うつ病改善認知療法
 
 

病院に通っているのに改善しない・・毎日が辛くてたまらない・・元気な頃の自分に早く戻りたいあなたの今やることは
うつ病最短で改善へ

ご家族等と一緒に心療内科を受診して
「うつ病」かをはっきりさせること

とにかくうつがひどくて毎日が辛い
夜は眠れないし、朝起きるのも辛くてたまらない
毎日不安に押しつぶされそうになる
いつ治るのか、いつ働けるようになるのか不安でたまらない
病院で出された薬を飲んでいるが一向によくならない
再発を何度も繰り返している
もうこのまま治らないのでは・・と不安になる
上の項目に複数当てはまる人はうつ病を罹患しているかも?
引き篭って一人で落ち込んで、悩んでいるかたは一度勇気を出して心療内科等の診察を受けてください。
うつ病最短で改善へ

ここからがうつ病改善のスタート地点です。
うつ病最短で改善へ

お勧めのうつ病改善プログラム
うつ病改善認知療法
うつ病から最短で解放してくれる
究極のプログラム
心理カウンセラー 下園 壮太の「プチ認治療法」
うつ病改善に導いてくれます。
うつ病最短で改善へ


 

  

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
patty
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright ©  -- うつ病改善方法 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / material by DragonArtz Desighns / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]